改訂版『ドイツで送る老後』

ドイツの介護事情は、2016年の第二介護強化法施行に伴い、現場で大きな変化がありました。冊子は、2018年2月までの変化を考慮した内容となっています。ドイツで年を重ねる上でとても大切な情報を日本語で読むことができます。

 

内容の例

介護保険と介護 在宅で過ごすための支援、介護する人が受けられるサポート…

高齢時の住まい

万が一の場合も自分らしく過ごすためのドイツの制度

死亡後の手続き

 

お問い合わせ、ご連絡は  mail@dejak-tomonokai.deへ お願いいたします。

 

 

ご購入につきましては、以下の通りお願い申し上げます。

 

冊子代金16ユーロ(DejaK-友の会会員の方は割引が受けられ10ユ-ロ)と郵送代金2ユ-ロの合計18ユ-ロ(会員の方は同12ユ-ロ)を以下の口座に振り込み頂くと同時にメ-ルにて送付先住所をお知らせください。入金確認後に冊子を送付させて頂きます。

 

銀行口座 Bankverbindung:

 

IBAN: DE65 4306 0129 0362 4492 00

 

BIC: GENODEM1BOC

 

Bankinstitut: Volksbank Bochum Witten eG

 

メ-ル宛先は  mail@dejak-tomonokai.de です。

 

以上宜しくお願い致します。

冊子の訂正項目(第二刷と第一刷)

 

尚、内容に数か所の訂正がありますので大変申し訳ございませんが、ご購入の後、以下ご参照ください。

 (第2刷訂正項目)

 

ページ 内容   訂正
7 2000年からは5年間   2008年からは2年間
7 2017年現在、介護保険の掛け金は、法律で額面給与の2.55%   2019年1月から介護保険の掛け金は、法律で額面給与の3.05%
22 最終行 そのほか、認知症患者の介護の場合には、204ユーロのケアサービス補助があります。   削除
44 第2段落 差し替え   44頁をダウンロードしてください*
59 2つ目のQ 代理人がいれば、   代理人がいて、委任状にそのように定められている場合は、
*こちらから44項をダウンロ-ドお願いいたします。
p44_korrektur-1.pdf
PDFファイル 99.0 KB

 また、参照ペ-ジが2ペ-ジずつずれていますので(例えば注1は16ペ-ジではなく

 18ペ-ジ)合わせてご参照ください。

 

 

第一刷の訂正事項 第一刷をご購入いただいた方は、お手数ですが以下の項目を訂正お願いいたします。

 

7ページ (Q:給付を受けられるのは誰?の項)

 

誤:最低保険加入期間(2000年からは5年間)

 

正:最低保険加入期間(2008年からは2年間)

 

 

 

22ページ 一番下の行

 

誤:そのほか、認知症患者の介護の場合には、204ユーロのケアサービス補助があります。

 

正:上記の文章を削除

 

 

 

71ページ 1a 自宅で死亡した場合 本文の1行目

 

誤:行末の字重なっていて読めません。

 

正:(本文)緊急医を呼ぶことが必要です。  (右側の見出し、太字)すぐに医者を呼ぶ

 

 

 

奥付:編集・校正協力 2行目

 

誤:江井久美子 誤:池田ハーゲマイヤーくり子

 

正:江井久実子 正:池田ハーゲマイヤーくりこ