2018年の催し物、活動

デュッセルドルフ地区

 ■ ホームにお住まいの会員を訪問します

日時:2018年7月14日(土)

 

■ 勉強会 「骨粗鬆症を予防して健康寿命を延ばそう」* +懇親会

日時:1月13日(土)

講師:武末節子(看護師:DeJaK会員)

こちらで手に入る食材でいかに骨粗鬆症を予防できるか、薬について、予防体操など、分かりやすく実践的な講義でした。

 

■ 講習会 「自分と違う年代の方と接する場面で使えるアイディアあれこれ」*

日時:2月24日(土)10:00~11:30(年次会員総会の前)

講師:高木加苗(看護師:DeJaK会員)

ボランティアとして、また自分の家族として接する相手の年代、生きてきた時代を見ることにより、会話の話題や共感できるテーマを探すヒントを学びました。

 

■ 講演会 「延命治療と事前指示書(仮)」*

日時:3月17日(土)14:00~

講師:馬場恒春先生(内科医:DeJaK会員・JAMSNETドイツ代表)

会場: 日本クラブ Oststraße 86, 40210 Düsseldorf

 

多くの人が、延命治療に対して様々な理解と個人の希望を持っています。
万が一、ご自身で判断したり意志の表現ができなくなった時に備えて、治療方針に対する自分の意向を記述しておく書類が「事前指示書(事前医療指示書、Patientenverfügung)」です。
今回は、「延命治療」の理解と「事前指示書」記載のポイントを分かりやすくお話します。 すでに事前指示書を作成されている方にも、書こうと思っていらっしゃる方にも、医学的な立場から延命治療について学ぶ絶好の機会です。是非、ふるってご参加ください。

  〜大変盛会に終わりました〜

 

■ 講演会 「新しい介護法実施と邦人への影響」*

日時:2018年4月28日(土)14時~16時

ドイツに住んでいても、介護の事となるとあまり気がのらず、ドイツの介護システムの全体像を掴む事も、自分に関わってくるだろうその細部も調べきれないのが現実です。

 一度全体を見渡して、その中で、必ず自分に重要になるだろう制度について、知識を確かなものにしておきませんか?「ドイツで送る老後」の全面改訂版出版に伴う、今回だけの説明会です。

講師:渡辺レグナー嘉子氏(当会名誉会長)

 

講演会の後、16時半より介護についての日本語無料相談(要予約)を開催します。ご予約いただければ、この時間に電話による相談もお受けします。

Das Projekt wird gefördert durch:

 

終了〜大事な情報がたくさんありました〜

ベルリン地区

■ 勉強会 「Erste Hilfe bei Senioren 高齢者の救急時の心がけ

脳卒中や心筋梗塞、転倒、誤嚥による窒息など高齢者にありがちな問題が発生した場合、身近にいる人はどのように対処すべきか、どのような場合に救急車をよぶべきかなどというお話を、赤十字の公認講師であるErlerさんにお伺いします。救急講習ではなく、あくまでもお話(ドイツ語)が主体で、必要に応じては、日本語訳も行います。

 

日時   2018年3月9日(金)15時~

場所    ProCurand Seniorendomizil Wilhelm Stift am Schlosspark Charlottenburg, Ernst-Bumm-Weg 6, 14056 BerlinAkademie

講師  Juliane Erler(看護師、社会福祉士、ドイツ赤十字公認・救急講習講師)

参加費 会員無料・非会員3ユーロ

 

また、1時間半の勉強会の後には、情報交換会を企画しています。今年度の企画や日常生活における悩みなど、お茶を飲みながら、みなさまとお話しできれば幸いです。(今回は持ち寄りなしなので、お気軽にどうぞ)

今回ははじめて、金曜日午後の開催となります。ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

参加申し込みは、35日までにシュペネマン宛にお願いします。

 

   終了 〜楽しく実り多い講習でした〜

 

■ 懇親会ピクニック

前回の懇親会で、手製の塩漬けの葉を使った桜餅をご披露くださった姫野さやかさんをお招きし、身近なところで発見できる摘み草と摘み草料理をテーマとした散歩とピクニックをシャルロッテンブルク宮殿の公園で開催

 

■ 講演会 「改訂版冊子『ドイツで送る老後』にみる新しい介護法実施と邦人への影響

当会の冊子の改訂版が完成しましたので、介護保険制度で変った点などを紹介します。

日時:9月8日(土) 15:00 ~

講師:シュペネマン望氏(Dejak友の会代表)

  終了~ 暑さも落ち着きを見せ始めたベルリンで、「改訂版ドイツで送る老後」をテーマに      冊子の内容に沿ってドイツで老後を迎えるにあたり必要な知識をスライドを使っ      て分かりやすく説明していただきました。

ミュンヘン地区

■ 初顔合わせ会

 日時   2018年1月21日

 これからの活動に向けて、中身の濃い話し合いが行われました。

 

■ 講演会 「口腔衛生と健康のつながり

日時:2018年6月30日(土)16時~18時

講師:橋詰いづみ氏(歯科衛生士、DejaK会員)
会場:Selbsthilfezentrum München (SHZ), EG.

参加費:会員無料、非会員3ユ-ロ

定員:20名(先着順)

 

終了~初めてのミュンヘン地区主催の講習会には、13名の参加者がありました。歯周病菌、思考の残留箇所のチェック等歯科検診での重要点、個人の歯磨きでの注意事項、介護をする立場での留意点、また市場に出回る電動ブラシ、リステリンが決してお薦めではないなど多岐に渡り教えて頂き、またその後は会食と楽しく実りの多い午後となりました。橋詰さんありがとうございました。

 

 第4回例会

日時:8月25日(土) 14:00~17:00
会場:Selbsthilfezentrum(SHZ) München
   Westendstr. 68, 80339 München
   終了~ 6月の口腔衛生と健康についての講座の反省と今後の改善点、次回の会合予定に       ついて話し合いました。

ハイデルベルク地区

■ 勉強会「エンディングファイルを一緒に書きましょう」

 (ライン・ネッカー友の会との共催)

日時:2018年5月5日(土) 14時半~16時

会場:ハイデルベルク大学日本学研究所 136番教室

   Akademiestr. 4-8, 69117 Heidelberg

参加費:会員  4ユーロ(エンディング・ファイル代金)

    非会員 9ユーロ(参加費3ユーロ+エンディング・ファイル代金6ユーロ)

年齢に関わらず、人はいつ最期を迎えるか分かりません。もしもの時のために、 大事な事項を書き留めておくことは、ご本人にとっても残された家族や友人にとっても必要不可欠な事です。
昔から「備えあれば憂いなし」ということわざがあります。この機会に皆さんと一緒に記入して、いざという時のために準備を始めませんか。

 

 

■ 冊子説明会 「改訂版 ドイツで送る老後」+一品持ち寄り地区懇親会

日時:2018年6月14日(木) 11時~15時

詳細は参加予定者の方々にメ-ルでお知らせします。

担当 西野宛

 

■ 講演会 改訂版冊子『ドイツで送る老後』第三次介護強化法について

日時:10月6日(土) 14:00 ~16:00

講師:シュペネマン望 (Dejak友の会代表)

   終了~

 

デュッセルドルフ地区

■ 講演会「なぜヒトは歳をとると歯を失ってしまうのか? ー高齢者特有の全身疾患と歯の関係ー」

 

「歯がグラグラになるのは歯が磨けてないから?」「どうやったら一生歯が落ちないようにできるのか?」という質問が50歳頃から急増します。歯や歯茎の問題が目に見えて出現する50代ですが、これは日本人に限ったことではなく、民族性を問わず起こる世界共通の現象です。

 

高齢者の歯科疾患対策として、ブラッシングの徹底や定期的な歯科医院でのチェック、また専門的なクリーニングが一般的に推奨されていますが、「歯もきちんと磨いているし、歯科医院でのコントロールを欠かさない」という人でも、歯周疾患が急速に悪化する人がいることも事実です。

今回の講演では、どうしたら歯を長持ちさせるかという一般論ではなく、高齢化によって歯や歯周組織が悪くなるという事実を、医療や生活の現代化という側面から掘り下げてお伝えします。

 

日時:2018年6月9日(土)14時~16時

講師:宮川順充氏(歯科医)
会場:日本クラブ

講演会の後、16時半より介護についての日本語無料相談(要予約)を開催します。ご予約いただければ、この時間に電話による相談もお受けします。

お問い合わせ、お申し込み(準備のため申込みお願いいたします)は花田まで

 

  JAMSNET ドイツ/DejaK友の会/日本クラブ共催講演会

 

日時:2018年7月7日(土)14時半~ (14時15分受付開始)

 

   山海嘉之教授(サイバーダイン社社長/CEO、筑波大学教授

    日本発の革新的サイバニックシステムHALによる機能改善・機能再生治療

   小沼孝治領事(在デュッセルドルフ日本国総領事館)

    「ドイツに暮らす邦人の安全と生活上の留意点について」

   片上-タイス雅子氏(ProCurand 公益財団法人設立者、当会会員)

    ドイツで介護ホームを運営して - 高齢邦人の課題


会場:デュッセルドルフ日本クラブ

参加費:会員、非会員とも無料

 

終了~大変盛りだくさんの講演で、会場からあふれる、参加者約66名という盛況となりました。世界的に有名な日本の医療器具「ハル」の開発者である山海教授のお話、今ますます重要になっている、各自が自覚すべき安全についての小沼領事のお話、そして、多くの介護ホームを経営するに至った経緯や、運営する側でのご経験からのアドバイスを織り込んでの片上タイスさんのお話、どれも大変興味深く、講演終了後も参加者の皆さんの間で活発に質問や意見交換がされました。

カールスルーエ/バーデン=バーデン地区

■ 会員親睦BBQ

日時:2018年6月23日(土)17時~

場所:カールスルーエ近郊

   終了~大人11人子供4名参加。楽しい団らんのもと、美味しいご馳走に舌鼓を打ちまし   た。男性と子供は、その後WMドイツ対スウェーデン戦を応援。女性は、9月に行われる   勉強会の進め方について話し合い。家族も一緒に会員同士のコミュニケーションを取れ   る、このような機会は特別です。会場を提供して下さった方に大変感謝しています。

 

■ 地区懇談会「うなぎを食べる会」

   終了~ウナギの味をしめながら心が落ち着く時間を7名で過ごすことが出来ました。メ-ルで近況報告がで   きる時世ですが、顔を突き合わせて直接話すと色々なことが見えてきます。改めて会って顔を見るということ   が非常に大切だということを感じました(橋詰いづみ)

 

■ 講演会 「延命治療と事前指示書

日時:2018年9月30日(土)16時~18時

講師:馬場恒春先生(内科医、当会会員、JAMSNETドイツ代表)

   終了~ 会員、非会員の方々総名13名が参加、事前医療指示書の書き方に加えその注意   点など具体的な例をあげスライドで分かりやすく説明していただきました。暗い内容に   なりがちなテ-マですが、明るい先生の話術と日本語のお上手な奥様サビ-ネさんのわ   かりやすい説明で貴重な内容を和気藹々とした雰囲気の中で学ばせていただきありがと   うございました。馬場先生またお越しい願えれば幸いです。(石川典子)

 

フランクフルト地区

 

■ 講演会 改訂版冊子『ドイツで送る老後』第三次介護強化法について、

  及び日常生活支援ボランティア養成講座について

ライン・マイン友の会との共催で上記説明会を開催します。

日時:9月23日(日) 14:00 ~16:00(開場13:30)

講師:札谷緑 (Dejak友の会副代表)

   終了~ 30名の方が参加、まだ小さいお子さんのいらっしゃるお母さん方も沢山参加し   ていただき、最後まで熱心に聞いていいただきました。10月末から開始するボランティ   ア養成講座へご興味を示された方も多く、盛会となりました。フランクフルト地域でド   イツの介護法を利用した在独邦人の相互互助を推進する上でも希望の光を見せて頂きま   した。参加された方々ありがとうございました。(札谷)

ブラウンシュヴァイク

■ 講演会 「改訂版冊子『ドイツで送る老後』にみる新しい介護法実施と邦人への影響」(第1部)

認知症サポーター養成講座(第2部)

日時:2018年6月16日(土) 10時半~12時 講習会 

               12時半~14時15分 認知症サポ-タ-養成講座

講師:シュペネマン望(DejaK会長)

会場:Haus Alte Waage, Alte Waage 15, 38100 Braunschweig

参加費:会員無料、非会員3ユーロ (当日入会も受け付けております)

 

終了~ 26名参加で行われました。参加者はブラウンシュヴァイクのみならず、ハノーファーやゴスラーからもあり、お子様連れの若いお母さんから既に退職をされた方まで幅広い年齢層となりました。講演中には参加者から多くの質問もありましたが、大変分かりやすく説明していただき、とてもシビアなテーマにもかかわらず、時には笑いも溢れ、全体的に和やかな空気の中で、時間はあっという間に過ぎて行きました。
講演後に書いていただいた感想、ご意見を一部紹介させて頂きます。
• 日本語での講義であることに加え、構成も大変わかりやすいものでした。
• 老後に関しては貴重な情報をたくさんいただけたので、自分でも今後いろいろ調べることができます。
•「まだ先の話かもしれないけれど、知識はあった方が良いから」ぐらいの気持ちで来ましたが、•今からしておいた方がよい事など聞いて、正直少し怖くなってしまいました。
• 今からどう準備したらいいのか少しわかりました。
• 事前医療指示書と任意代理委任の手続きを進めておりますが、書面も弁護士さんの説明もドイツ語であるため 今日の説明は全体像を掴む事にとても役立ちました。
• また機会があれば参加したいです。
今回参加された中で4名が入会されました。次回の講演に参加したいという希望も沢山ございましたので、DeJaK–友の会のご協力のもとに次回の講演も企画していく所存です。最後になりましたが、講演してくださいました講師のシュペネマン望さんに心から感謝いたします。

 

マールブルク

 ■ 改訂版冊子『ドイツで送る老後』とドイツの介護法について

日時:6月21日(木)18時15分 ~ 20時

会場:Deutscher Gemeinschafts-Diakonieverband (DGD) Marburg
   Stresemannstr. 22, Marburg
   最寄り停留所:Friedrichstraßeまたは Radestraße

参加費:会員無料、非会員3ユ-ロ (学生無料)

終了~ 参加者4名

Die mit * gekennzeichnete Projekte werden gefördert durch: