2015年

 

1月15日  説明会「冊子・ドイツで送る老後について」 ベルリン

      講師:渡辺レグナー・嘉子(DeJaK-友の会代表)

      会場 在ドイツ日本国大使館多目的ホールHiroshimastr. 10, 10785 Berlin

      在ドイツ日本国大使館共催

      13:00-15:00

       2014年8月の説明会に続き、ベルリンでは第2回目の説明会となります、今回の説明会で

       は、前回紹介できなかった内容や2015年からの制度の改正も合わせてご紹介いたします。

       情報を持つことにより、正しい対策ができることを目指しての説明会です。

 

1月15日  会員対象勉強会 15:15-

 

117日  セミナー「海外長期在住者の法律問題 ~遺言・相続・ その他~」

      個別法律相談会

      講師:新城友哉(弁護士)

      デュッセルドルフ(日本クラブ、竹の会共催)

       新城 友哉(しんじょう ともや)氏プロフィール:

        2007年東京大学法学部卒業、20089月弁護士登録、アンダーソン・毛利・友常法律事務所

                    (東京事務所)にて勤務。20145月ニューヨーク大学ロースクール卒業。201410月ニュー

                      ヨーク州司法試験合格。20149月よりHangeler Mueller法律事務所(デュッセルドルフ事務

                      所)に出向。

 

1月19日      ボランティアによるホーム訪問 デュッセルドルフ

                   午後12時半頃から2時間程度で,ヘアカットのサポートと入居者との簡単な会話

 

1月28日      講座「自分でできる健康チェック 血圧について」デュッセルドルフ

        講師:高木加苗

        場所 日本クラブ ホール ライン

        血圧について知っておきたい事、隠れた病気、正常な血圧を保持する為にはどんな事が大切か

 

2月21日      講演会「老後を安心して送る為に

          --法定介護保健や年金でカバーされない分をど のように補うか--」

        講師:山片 重嘉氏(ファイナンシャルアドバイザー)

        デュッセルドルフ(日本クラブ・DeJaK-友の会共催)

        要介護時の経済的な基盤についての講演です。ドイツでは法定介護保健でカバーされない費用

                       の自己負担が非常に大きく、本人が支払いきれない事が多々あり、その費用を補わなくてはい

                       けない子どもさんにとっても大きな問題となっています。

                       不評のリースター・レンテに代わって新たに導入された高齢時に備える為の保険では、これま

                       で条件を満たさない為に加入できなかった人も新規に加入できるようになりましたが,他にど

                       のようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。また日本に帰国、あるいはドイツ以外の

                       国に住むかもしれない方のためにはどんな保険があるでしょうか。若い方は,またあまり若く

                       ない方も、何時、どんな保険にはいれば割安なのでしょうか?掛け金と給付額は?等々。

                       素人では到底理解できない制度を、専門家に具体的に説明していただきました。

 

225日      認知症サポーター養成講座 シュトゥットガルト 

        講師:松島久子 (まほろばの会との共催) 

  

228日    認知症サポーター養成講座 デュッセルドルフ

        講師:村井紀子 香川知子

 

3月14日    年次総会 デュッセルドルフ

 

3月14日   勉強会「家族とボランティアのための『回想法』」

         講師:嶋崎惠子(臨床心理学)

        臨床心理のカウンセラーとして活躍していらっしゃる嶋崎恵子氏に、認知症がある人に対して

        円滑な対応ができるように、またどのように会話をすすめていけば良いか、テクニックや背景

        となる理論について、勉強会を開いていただきました。

 

329日     認知症サポーター養成講座 コペンハーゲン 

                    講師:高橋ゆり子(クラブジャパンと共催)

 

4月8日       勉強会&昼食会「日本語を大切に 1」 デュッセルドルフ

        一人暮らしであったり、パートナーや家族が日本語をあまり話さなかったりで、ご自分も日本

        語を話す機会が減っていませんか?時に会う日本人とも、同じような言葉を使うだけで、ひょ

        っとして、元々持っていた自分の日本語の語彙や情念の表現力が、退化していませんか?ひと

        つ言葉を長く使わないということは、その言葉と他の言葉とのつながりが頭の中で衰えてしま

        っているということになり、思考能力も衰えていってしまいます。第一言語(母語/母国語)

        である日本語で、頭脳を知•情の両面で刺激することで、老化の防止、認知症の防止ができる

        とも言われます。普段使わない言葉や概念を意識しながら、今の自分を、そして相手を知るた

        めの集まりです。一つの言葉をきっかけに、思いがけない自分を知ることもできます。一品持

        ちよりのお昼ご飯を食べながら、楽しく過ごしました。

 

4月8日   イースター明けの小コンサート デュッセルドルフ

        ピアノ:山田千夏

  

411        セミナー講演会「ドイツで送る老後」 フランクフルト日本文化言語センター

       1 在フランクフルト総領事館  小島領事 ご挨拶

       2 セミナー講演会 「ドイツで送る老後」

       3 質疑応答/懇親会(17時ごろまで)

 

4月12日        懇親会 カールスルーエ

 

4月13日        セミナー講演会 「ドイツで送る老後」シュトゥットガルト

       (まほろばの会と共催)

 

4月28日   講演会「認知症になったらどうなるの?認知症の方と接するために」

       マールブルグ  

       講師:鷲野明美(健康科学大学準教授)

       講演会後は、講師の先生を囲んで一緒に食事を楽しみました。

 

516日   意見交換会 フランクフルト

  

524日   認知症サポーター養成講座 ヴィースバーデン

       講師:キャラバンメイト連絡協議会認定 ネメット真由美、ミューレ久子

 

63日     ボランティアと家族のための講座「脳梗塞について」 デュッセルドルフ 

         指導:高木加苗(看護師)

 

 

66日   「ベルリン 会員の集い」

       第一部    勉強会『高血圧の予防と対策』(講師:高木加苗  看護師)

       第二部    総会の報告、Dejakのベルリンでの組織形態、ボランティア活動、

            2015年の活動計画についての話し合い

 

 

6月20日     高齢者用共同住宅見学(住民の説明付き) デュッセルドルフ

        AWO, Dieakonie, Caritasなどが経営するBetreutes Wohnen という形の住居とはちがう、

        なるべく自宅に住み続けるための条件を考慮して、お互いに協力し合って、活動的に老後を送

        るためのプロジェクトで建った高齢者のための集合住宅です。アパート形式で個人のプライバ

        シーを守りながら集会室など、共に過ごす時間と場所が確保できる住宅形式。実際に住人にお

        話を聞き、内部を見学。

        この住宅は現在会で進めているドイツ人との共同集合住宅のモデルです。同じ間取りの部屋で

        も収入により、市の助成が受けられます。

        *助成対象となる収入の例 

        単身者(A)で年収 28287ユーロ、2人世帯(B)で39954ユーロです。そして、土地の

        評価額によっても異なりますが、Aでは1㎡当たり5.10ユーロ、Bでは1㎡当たり6.20ユーロ

        からアパートの家賃が算定されるところもあります。なお一人用住宅は約50㎡です。

 

 

6月30日   講演会「介護予防:元気に食べ続ける為に

           口の大切さ~(介護予防の観点から)口腔機能向上の必要性について~」 

       講師:宮坂厚弘(歯科医 医療法人社団清慈会理事長)

            齊藤美紀(歯科衛生士)

                    アシスタント湯田亜弓

                    (日本クラブとの共催)

         最近の日本での統計によれば、高齢者の死亡の原因として、肺炎が脳卒中を抜き死因の第3

        位になったとのことです。65歳以上の死因では、約95%が肺炎であり、高齢者の誤嚥性肺

        炎予防に向けた取り組みが求められているとのことです。

          加齢とともに、口腔内にはさまざまな変化が現れ、その変化は全身の健康や生活にも思いが

                        けないほど大きく影響します。高齢者一人ひとりの自立度を維持していくためにも、適切に

                        口腔ケアを行うことがとても重要です。口腔内の汚れは、むし歯や歯周病だけでなく誤嚥性

                        肺炎の原因にもなりえますので、口腔ケアを適切に行う必要があります。汚れが残りやすい

                        部位ごとの歯の磨き方や舌・粘膜のお手入れ方法、義歯のお手入れ方法を説明し、いつまで

                        も介護が必要とならないよう生活を支援いたします。講話と発声訓練、歯磨き訓練もありま

                        した。

 

 6月29日、72日 認知症サポーター育成講座 デュッセルドルフ日本人国際学校

                     講師:フィッシャー平松由紀子、サポート:シュレカンプ朗子 

       1回目 629日 () 1355分~ (45分間)

               老化や疾患について児童にわかりやすく説明、ビデオ鑑賞

       2回目 72日(木) 1355分から~(45分間)

               ビデオの感想発表と寸劇を踏まえて対応の仕方を練習 

             オレンジリング 資料 授与

       対象 :5年生(51人) 

      (共催 竹の会)

 

72日    講演会「禅の立場での『生、病、老、死』について--中川老師との一問一答」

        ベルリン 日本国大使館

       講演者:中川正壽老師(ドイツ普門寺)

 

7月3日    講演会「生きる充実——老いと死の自覚」フランクフルト

       (ライン・マイン友の会共催)    

 

7月10日    イベント „Bunter Nachmittag“  フランクフルト

                                   Aktionswochen Älterwerden in Frankfurt 4.-11.Juli2015

                      ラインネッカー友の会、日独盆踊り会、介護施設ボランティアグループむすび

                      と一緒に活動します。当会とライン・ネッカー友の会はインフォスタンド。

                    日独盆踊り会は舞台担当。むすびは折り紙と書道をしました。

 

8月10日     ホーム訪問 ヘアカット デュッセルドルフ

                       美容師の山下さんがボランティアで入居者の方のヘアカットをして下さいまし

 

          た。

 

818日     講演会「高齢時によくある怪我とその予防」デュッセルドルフ

         講師:菅原暁氏(整形外科医)

                    (日本クラブ、竹の会との共催)

 

         視察のためにドイツを訪問された菅原暁先生(整形外科および高齢者介護専

         門をお迎えし、高齢者におこり易い怪我などの予防についてお話しいただ

         きました。

 

  

9月3日、9月26日 ドイツでの老後について個別相談 デュッセルドルフ

         1)  93日(水)14:0016:0 竹の会との共催 

           Dorothee-Sölle Haus, Hansaallee 112 のカフェテリアにて。

         2)  926日(土)15:0017:0 

           日本クラブとの共催 Oststr. 86, ホールラインにて

         参加費:無料

            高齢時を快適に送る為には、普段の生活とはまた違った様々な情報が必要です。楽しく

                               暮す為の娯楽・健康プログラムはどこで催されているか、等の他に、家族や自分に介護

                               が必要となったら、あるいは要介護に認められなくても何ができるか、何を、どこに申

                               請するか、法的な、また経済的なトラブルを避ける為には、今何をしておくべきか、一

                               人暮らしをより安全に、快適にする為に、前もってどんなことが準備できるかなど、認

                               知症について知っておいた方が良いことは何かなど、高齢時に備える為の個別相談窓口

                              です。気になっていることを、ご質問下さい。(個人情報は厳守いたします。)

                               個別相談は各20分程度を予定しており、申込み順となりますので、ご了承下さい。

                             *なおこの催し物はデュッセルドルフ地区の"Aktionswochen Demenz 2015"の正式参加

                               プログラムであり、ドイツ連邦政府の助成を受けたプログラムです。

                               他の地区でこういった相談窓口をご希望の場合はmail@dejak-tomonokai.deからご連

                               絡ください。後日同様な相談窓口を開くように出来ればと思います。 

 

920日         講演会「若い人にも及ぶ、老後の経済的な問題点」カールスルーエ

         講師:渡辺・Rögner 嘉子(DeJaK友の会代表)

 

 

9月22日    情報交換会

        フランクフルト市のGesundheitsamt代表、AWO代表、キャラバンメイ

        ト、DeJaK代表、ライン・マイン友の会代表の情報交換会日本人の要望、

        地の事情、今後の共同活動の可能性についての情報と意見交換の為の会合。

        日本のキャラバンメイトの内容を伝え、ドイツでの普及を推進する為のもの

        でもあります。(ドイツ連邦健康省の助成プロジェクト"Lokale Allianzen

        für Menschen mit Demenz"の活動の一部です。)

 

 

9月12日     講演会「老後を安心して送る為にー

             法定介護保健や年金でカバーされない分をどのように補うか」

         フランクフルト

         講師:山片 重嘉ファイナンシャル・アドバイザー

                       (Evangelischer Regionalverband Frankfurt a.M. Koodinationsstelle

         Erwachsenenbildung/Seniorenarbeitとの共催) 

                要介護時の経済的な基盤についての講演です。ドイツでは法定介護保健でカバーされな

          費用の自己負担が非常に大きく、本人が支払いきれない事が多々あり、その費用を補う義

                            務のある家族にとっても大きな問題となっています。 新たに導入された高齢時に備える為

                            の保険では、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。また日本に帰国、あ

                            るいはドイツ以外の国に住むかもしれない方の為にはどんな保険があるでしょうか。世代

                            によって、何時、どんな保険に入れば割安なのでしょうか? 素人では理解し難い制度を、

                            専門家に具体的に説明していただきました。

 

 

 

926日            介護施設見学、講演会「脳卒中について」、懇親会

 

            講師:高木加苗(看護師)

 

  

10月23日      助成プロジェクト: キャラバンメイトについて説明  フランクフルト

        Evangelischer Regionalverband Frankfurt a.M. Koodinationsstelle

        Erwachsenenbildung/Seniorenarbeit(プロテスタント系のシニアテーマ

        の講習・講演会を企画している部署)にキャラバンメイトのシステムと効果

        について講演、説明。(西野、清水)

 

 

10月24日     講演会「冊子『ドイツで送る老後』について」 ボン

 

 

11月        介護家族をサポートするボランティア講習会(全11回)

         (Frankfurter Verband主催)

 

 

11月12日           日本語ブラッシュアップ デュッセルドルフ

 

 

1115日           説明会「高齢者住宅情報について」

 

           朝11時から、住宅一般についての説明会が右ホールであります。その一端として、「日

                              本人も一緒に」という高齢者用プロジェクトMiteinander Wohnen のグループも参加し

                              てブースで説明します。入って一番左のホールの方です。なお、この法人Miteinander

                              デュッセルドルフ市長さんの傘下にあります。そのほかにも多世代住宅、高齢者住宅の

                              プロジェクトの主催者が説明するブースがあります。当会からは渡辺レグナーが

           Miteinanderのブースに11時から1時くらいまでおり、説明をしました

 

 

11月18日     キャラバンメイトがやってくる! 認知症サポーター養成講座 

         ヴァインハイム

 

 

1119           キャラバンメイトがやってくる! 認知症サポーター養成講座

                         フランクフルトアムマイン ネリー二シュテイフト

 

11月21日     老後に関する情報とキャラバンメイトの説明会 デュッセルドルフ

 

 

 

11月24日     会議 "Lokale Allianz für Menschen mit Demenz" ボン

                        (ドイツ連邦健康省主催)

         今年度のプログラム開始の会議がボンで開かれ、助成をいただいている当会

                         も参加しました。

 

11月28日     健康維持と認知症予防の歌と体操② 11:30- 指導:大畑あかね

         皆でお弁当を食べ、日本語で話す会 12:30-

                        うたいしましょう!14:00-

                         デュッセルドルフ

           座ったままでも出来る簡単なリズムと音楽を取り入れた体操からはじめましょう。家で繰

                            り返すことで効果が増大。手足,指を含め、老化を防ぐ体操入門コースです。

           心と身体がよろこぶ体操呼吸をしながら気功やヨガストレッチをしていきます。

           その日みなさんの体調にあわせた内容を決めながら行ないます。自分の感覚を通して自分

          の身体を知ることがとても大切なことです。どなたも毎日『息を吸って吐いて』呼吸して

          いるわけですが、生活習慣はそれぞれに違うもの。自分のペースに添いつつあらためて自

          分の身体のリズムを振り返ることが大切です。(指導の大畑さんより)

 

12月12日     キャラバンメイトがやってくる!認知症サポーター養成講座

         講師:キャラバンメイト 花田久美子、高原敦子 

                        (日本クラブとの共催)